Borland Developer Studio 2006 アップデート2 Hotfix 11 について

Abstract: Borland Developer Studio 2006 アップデート2 Hotfix 11 について

CodeGear のダウンロードサイトにおいて、Borland Developer Studio 2006 アップデート 2適用以降の特定の問題に対応する Hotfixが公開されております。

これらの Hotfixは 「Borland Developer Studio 2006 Registered User Updates」よりダウンロードできます。

この Hotfixは Borland Developer Studio 2006の正規ユーザの全ての版(Architect,Enterprise,Professional)の全ての言語(English,French, German,Japanese)、および、Turbo C++の全ての版(Professional,Explorer)の全ての言語(English,French,German,Japanese)に適用可能です。

インストールし、使用するためには Borland Developer Studio 2006または Turbo C++ 2006のライセンスに同意している必要があります。

この Hotfixは以下の製品に適用できます:

  • Product: Borland Developer Studio, Turbo C++
  • Version: 2006
  • Update level: Update 2
  • Editions: Professional, Enterprise, Architect, turbo Explorer, Turbo Professional
  • Languages: English, German, French, Japanese

    この Hotfixに含まれる修正について:

2007年に実施される、新しい夏時間の対応についての対応となります。

現在 DSTについて以下の 3つの期間が存在します。

  • 1970-1986 サマータイム(DST)開始 4月の最後の日曜 - 終了 10月の最後の日曜
  • 1987-2006 サマータイム(DST)開始 4月の最初の日曜 - 終了 10月の最後の日曜
  • 2007- サマータイム(DST)開始 3月の第二日曜 - 終了 11月の最初の日曜

2つの変更点

DST移行による 2:00-2:59(存在しない時間)は、1時間早める為の時間帯として取り扱われてきました。

これはマイクロソフトの VCとの互換性はありますが、Linuxや Mac等とは異なる対応となります。

DSTに合わせて、実際の時計と同様の動作をします。

time.h で定義されている変数 _PREFER_START_DAYLIGHT_TIMEをゼロに設定することにより、この動作を変更することができます。

もう一つの変更は DSTの終了時の重なり合っている時間( 1:00-1:59)の選択です。

以前は、(DSTでの)最初の時間を選択していました。

現在、マイクロソフトの VC、Linux、Macと互換性のある標準時間を選択します。

time.h で定義されている変数 _PREFER_END_STANDARD_TIMEをゼロに設定することにより、この動作を変更することができます。

    BDS2006、および Turbo C++ 2006ユーザーへの適用手順について

  • HotFix 11 のダウンロードファイルはZIP形式で圧縮されています。ZIPを解凍するツールが必要です。
  1. ダウンロードした hotfixの zipファイルを一時ディレクトリに解凍します。
  2. 解凍された \binディレクトリ内の2つのファイルを C:\Windows\System32ディレクトリにコピーします。その際古いファイルは上書きしてください。
NOTE: アプリケーションの配布の際、アプリケーションのディレクトリの中に必要な DLLをコピーして、ビルド済みのバージョンが使われるようにしてください。
  1. 解凍された \includeディレクトリ内の time.hを BDSの includeディレクトリ(デフォルトでは C:\Program Files\Borland\BDS\4.0\include)にコピーします。古い time.hは上書きします。
  2. 解凍された \libディレクトリ内の 6つのファイルを BDSの libディレクトリ(デフォルトでは C:\Program Files\Borland\BDS\4.0\lib)にコピーします。古いファイルは上書きします。
  3. 解凍された \source\timeディレクトリ内の timefunc.cファイルを RTLソースが置かれている \source\timeサブディレクトリ(デフォルトでは C:\Program Files\Borland\BDS\4.0\source\cpprtl\Source\time)にコピーします。古いファイルは上書きします。

    C++Builder 6 以前のユーザーへの適用手順

  • RTLソースが置かれている source\timeサブディレクトリに、含まれている timefunc.c を入れます。
  • ライブラリの再構築のために、既存のプロダクトの source\rtlディレクトリの中の READMEに記載されている内容に従ってください。
  • 上述した動作を変更したい場合には、標準のインクルードライブラリ内の time.h (mktime()の後が良いと思われます)に以下の内容を追加します。
extern unsigned char _RTLENTRY _EXPDATA _PREFER_END_STANDARD_TIME;
extern unsigned char _RTLENTRY _EXPDATA _PREFER_START_DAYLIGHT_TIME;
#pragma obsolete _PREFER_END_STANDARD_TIME
#pragma obsolete _PREFER_START_DAYLIGHT_TIME