Borland Developer Studio 2006 アップデート1

Abstract: Borland Developer Studio 2006 のアップデート1 を公開致しました

CodeGear のダウンロードサイトにおいて、Borland Developer Studio 2006のアップデート1を公開致しました。アップデート版は、CodeGear の Webサイト「Borland Developer Studio 2006 Registered User Updates」よりダウンロードできます。(アップデート1はアップデート2に含まれておりますので、アップデート2をご利用ください)

    アップデート1ご使用上の注意点

  • このアップデートは、Borland Developer Studio 2006の日本語バージョンだけに適用できます。
  • アップデート1のダウンロードファイルはZIP形式で圧縮されています。ZIPを解凍するツールが必要です。
  • このアップデートをインストールする前にBorland Developer Studio 2006を終了している必要があります。
  • MicrosoftのWindows Installer(MSI)のバージョンによりインストール方法が異なりますのでご注意下さい。
MSIのバージョンは、コマンドプロンプトから msiexec.exeを実行することにより確認できます。
  • インストール中、MSIがソースメディアディスク(Borland Developer Studio 2006の CD)を要求する場合があります。お手元にソースメディアディスクをご用意ください。

    アップデートの適用手順

    MSI 3.0以上

  1. Borland Developer Studio 2006が終了していることを確認します。
  2. ZIP形式のファイルを解凍し、展開された .mspファイルをダブルクリックするとアップデート1のインストールが開始します。

    MSI2.0

  1. Borland Developer Studio 2006が終了していることを確認します。
  2. ZIP形式のファイルを解凍します。
  3. コマンドウィンドウを開き、System32フォルダに移動します。
  4. 以下のコマンドを入力してアップデート1のインストールを開始します。
msiexec.exe /p <解凍した.msp ファイルのパス> /L*v <ログファイルのパス> DEBUG_MODE=ON REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus
  • /L*v と DEBUG_MODE=ON はオプションです。

たとえば、Professional版で、.msp ファイルが C:\temp ディレクトリにある場合は、

msiexec.exe /p "C:\temp\bds2006_jp_pro_upd1.msp" REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus 

と入力します。

また、

msiexec.exe /p "C:\temp\bds2006_jp_pro_upd1.msp" /L*v "C:\temp\bds2006upd1.log" REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus DEBUG_MODE=ON

と入力した場合は、C:\tempにbds2006upd1.log という名前のログファイルが生成されます。

なお、MSI3.0以上でも、msiexecコマンドによるインストールができます。MSI3.0以上の場合は、以下のコマンドを入力します。

msiexec.exe /update <解凍した.msp ファイルのパス> /L*v <ログファイルのパス> DEBUG_MODE=ON

※MSIコマンドラインオプションの詳細は、Msiexec (コマンド ライン オプション) を参照してください。

    アップデート完了の確認方法

アップデートインストーラの最後のダイアログに、アップデートが正しく完了したかどうかが表示されます。

また、以下のいずれかの方法でも確認できます。

  • Windows のコントロールパネルを開き、[プログラムの追加と削除](Windows2000の場合は[アプリケーションの追加と削除])をクリックし、Borland Developer Studio 2006を選択し、[サポート情報を表示するにはここをクリックしてください]のリンクを使用して、バージョンが10.0.1であることを確認します。
  • Regeditを使ってレジストリを開き、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\BORLAND\BDS\4.0のProductVersionとUpdatePackInstalledの文字列値がそれぞれ10.0.1と1であることを確認します。
  • IDE を開き、[ヘルプ|バージョン情報]を選択して、[バージョン情報]ダイアログボックスを表示し、製品バージョン番号の後にUpdate 1と表示されていることを確認します。

    アップデート1のアンインストールについて

Windows XP Professional または Windows Server 2003で MSI 3.0 以上を使用している場合は、インストール後にこのアップデートだけを削除することができます。

Windows2000および、MSI2.0をお使いの場合は、インストールした後、このアップデートのみの削除はできません。

    アップデート1のアンインストール手順

  1. Windowsのコントロールパネルを開き、[プログラムの追加と削除]をクリックします。
  2. プログラムの追加と削除のダイアログ上部の「更新プログラムの表示」のチェックボックスをクリックして、チェックマークを付けます。
  3. 「BDS2006 Update 1」が画面上に表示されますので、これを選択して[削除]ボタンを押します。

なお、アップデート1のアンインストール中にMSIがソースメディアディスクを要求するという既知の問題があります。その場合、アンインストールを続行するには、要求されたディスクを挿入する必要があります。

    アップデート1での修正内容

  • このアップデートの適用により、Borland Developer Studio 2006の Preview Technology for C++およびCの機能を完全に利用できるようになります。
  • 日本語版ではヘルプファイルの内容が更新されています。
  • このアップデートによって新しいdbexpasa30.dllドライバが提供されます。これにより、一部のパラメータ型に対してストアドプロシージャがNullを返す問題が修正されます。
  • プロジェクトのメイクファイルへのエクスポートがサポートされました。
  • 「バージョンダイアログを追加」が設定されたアクティブフォームを含むActiveXライブラリをコンパイルすると、エラーが発生する問題を修正しました。

他の修正点の詳細、およびアップデート1における既知の問題につきましては、ZIPファイルより解凍されたreadme_upd1.htmファイルをご覧下さい。

また、Quality Central(英語)にも修正点の情報がございますので併せてご覧ください。

    その他