ODBC接続を使用してデータベースに接続する方法

Abstract: ODBC接続を使用してデータベースに接続する基本的な手順について説明します。

Delphi for PHPにて、ODBC接続を使用してデータベースに接続する基本的な手順について以下に示します。

  1. Windowsのコントロールパネル内の、ODBCデータソースアドミニストレータを起動し、使用するデータベースに接続するDSNを生成します。なお、ODBCデータソースアドミニストレータを使用したデータベース接続の方法につきましては、ODBCドライバのベンダーにお問い合わせください。
  2. Delphi for PHP上に Databaseコンポーネントを置き、この Databaseコンポーネントの DriverNameプロパティを odbcに設定します。
  3. Databaseコンポーネントの Hostプロパティに、ステップ1で作成した DSNの名前を指定します。
  4. DSNが UserNameまたは UserPasswordを持たないのであれば、同様に Databaseコンポーネントのこれらのプロパティを設定します。
  5. Databaseコンポーネントに接続する Tabel または Query、DataSourceや DBGridなどのコンポーネントを設置し、設定します。
  6. Databaseコンポーネントの Connected プロパティを Trueに、Tableまたは Queryコンポーネントの Activeプロパティを Trueにします。

Note: Table または Queryコンポーネントの LimitCountプロパティは、デフォルトで 10に設定されています。そのため、この値を変更せずに Activeプロパティを Trueとした場合、レコードは 10行しか表示されません。