InterBase 2007 SP2

Abstract: InterBase 2007 の Service Pack 2が公開されました。

現在InterBase 2007 SP2英語版、日本語版の双方が公開されています。

SP2についての詳細につきましては、以下のファイルをご覧ください。

    SP2 の適用方法

    Windows

  1. 動作中の InterBaseサーバを停止します。また、InterBaseにアクセスしているクライアントアプリケーションも全て終了します。
  2. Downloadサイトより IB2007SP2_ja.zip (英語版の場合は IB2007Sp2_Win.zip)をダウンロードします。
  3. ダウンロードした zipファイルを解凍します。
  4. 解凍された IB2007_SP2.exeを実行しますと、インストーラーが起動されますので、Server and Clientか Client onlyのいずれかを選び、インストールを行います。
  5. InterBaseサーバーを再起動します。

    Linux, Solaris

  1. 動作中の InterBaseサーバを停止します。また、InterBaseにアクセスしているクライアントアプリケーションも全て終了します。
  2. Downloadサイトより Linuxは IB2007SP2_linux_ja.tar.gz (英語版の場合は IB2007SP2_Linux.tar.gz)を、Solarisは IB2007Sp2_Solaris.tar.gzをダウンロードします。
  3. ダウンロードした tarファイルを展開します。
  4. 展開されたファイルを、従来のものと置き換えます。(あらかじめバックアップを取っておくことをお勧めします)
  5. InterBaseサーバーを再起動します。

    Note:

適用の際は Administrator, rootなどの管理者権限が必要となります。

適用後、再度、使用許諾を実施する必要はありません。

    更新された機能

このリリースで、以下の機能の更新、変更が行われました。これらの機能の詳細な説明につきましては、InterBase 2007 SP2の新機能ガイドをご覧ください。

  • ジャーナルの事前割り当て
  • JDBCの URLパラメータ
  • データベースの書き込みモードのディフォルトを SYNC(同期)に
  • データベースファイルの事前割り当て
  • ブラジル語、ポルトガル語用の PT_BRコレーション
  • 問い合わせの最適化の改善
  • UDF記述

    InterBase 2007 SP2で修正された問題

Bug Number

QC#

説明

58205

両側外部結合(Full outer join)のアクセス方式の改善

58257

47598

インデックスなしの左外部結合(Left outer join) のパフォーマンスの問題の修正

58462

43874

UPDATE文の相関サブクエリーの SELECTで、インデックスが使われないことに関する修正

60128

47916

左外部結合(Left outer join)がインデックスが使われた際に最適化されないことに関する修正

60269

20359

"IN" または "OR" キーワードを使用した際のクエリーの最適化に関する修正

61347

25160

クエリーが外部結合(outer join)の際に、where句でインデックスが使われないことに関する修正

219990

10264

大きなテーブルで左外部結合(Left Join)を実行した際に時間がかかる問題の修正

223805

597104

最適化機能が、相関サブクエリーを実行するためにテーブルの順次スキャンを使用する件についての修正

231879

47599

データベースが読み取り専用で作られた場合、直近のトランザクションで追加されたデータを参照できない問題の修正

239883

11219

Desktop Editionを Administratorによってインストールしても、他のユーザーはプログラムのリストが利用できない問題に関する修正

243270

InterBase2007(8.0)のクライアントで、InterBase 7.1 サーバーに接続すると「unavailable database error」が発生する問題についての修正

243299

40486

リモート接続で InterBase2007(8.0)クライアントを使って接続を解除すると、InterBase 7.1サーバーがクラッシュする問題の修正

243679

47604

Windows Vistaの Administratorの場合でも、InterBaseのサーバーマネージャーは通常のユーザーとして起動する件についての修正

248755

interclient.jar JDBC ドライバが InterBase SDKの一部としてインストールされるようになりました

248850

「言語リファレンス」にしおりがありません。(英語版のみ)

249045

47600

SuSE Linux 10上で InterBase 2007 インストーラーが起動するようになりました

249232

Windowsプラットフォームによっては、ジャーナル機能が有効になっているときに、各レコードの INSERT/COMMITの動作が遅延する問題の修正

251265

47602

多数の JOINによる結合のあるクエリーで "size of optimizer block exceeded(最適化ブロックのサイズを超過しました)"が返される件の修正

251608

44565

最適化ブロックのサイズを超過しましたというエラーが発生する問題の修正

251610

43874

Joinの マルチフィルターを行った際、LEFT JOINで不正な結果が返される問題の修正

256161

トリガーにネストしたループがあると、サーバークラッシュする問題の修正

    日本語版に英語版の SP2を適用する場合の注意点

日本語版に英語版の SP2 を適用することも可能ですが、英語版の SP2を適用しますと英語版のファイルに上書きされます。英語版の SP2を日本語版の InterBase 2007に適用する場合は、以下の点に留意して適用をお願いいたします。

  • pdfドキュメントがほぼすべて上書きされます。あらかじめ別な場所にバックアップを取ってください。
  • 適用後、更新された IBConsoleをそのまま実行するとエラーとなり起動できません。起動するには 日本語リソースである IBConsole.jpnファイルを削除してください。(IBConsoleは英語版となります)