ビルドを行うと「Invalid PLATFORM variable ..」のエラーが発生します

Abstract: 主にHP 社製のコンピュータで発生する問題です。HP社製の PCは、RAD Studioのビルドシステムによって使用される PLATFORM 環境変数を含んでいます

RAD Studio のビルドシステムは、PLATFORM 環境変数を使用します。有効な値は、XE7の場合、"Win32", "Win64", "OSX32", "Android", "iOSSimulator", "iOSDevice" です。PLATFORM 環境変数が別の値に設定されている場合、すべてのビルドでエラーが発生します。

 Invalid PLATFORM variable "(value)". PLATFORM must be one of the following: "Win32", "Win64", "Android", "iOSSimulator", "iOSDevice", or "OSX32".
PLATFORM 変数の値が不正です "(value)". PLATFORM 環境変数の値は "Win32"、"Win64"、"OSX32"、"Android"、"iOSSimulator"、"iOSDevice" のいずれかでなければなりません。

HP 社製のコンピュータでは、一般的にこの環境変数の値が設定されていますが、その利用方法については分かっていません。PLATFORM 環境変数が、システム環境によって定義されている場合、RAD Studio IDE でオーバーライドするか、MSBuild のコマンドラインで、たとえば、/p:Platform=Win32 のように明示的に渡す必要があります。

RAD Studio の IDE でオーバーライトする場合は、次のように行います。

  1. IDE のメニューから、[ツール | オプション] を選択します。
  2. オプションダイアログが表示されますので、左のツリーから「環境変数」を選択します。
  3. 右側に設定されている環境変数が表示されます。ユーザー定義環境変数内にある PLATFORM環境変数に値が設定されている場合は、この値をクリアし、オーバーライドします。
    Hide image
    Click to see full-sized image

この手順により、 IDE からビルドする際の「Invalid PLATFORM variable」エラーを解決することができます。