XE7で Androidデバイスをターゲットとして実行した際、[PAClientエラー] "paclient exited with code 1.が発生する

Abstract: 旧バージョンで作成した Androidアプリのプロジェクトを XE7で実行する際の注意。

対象製品 : Delphi / C++Builder / RAD Studio / Appmethod

対象バージョン: XE7, Appmethod 1.15

     Q.

XE6で作成した Androidアプリのプロジェクトを XE7上で Androidデバイスをターゲットとして実行すると
[PAClientエラー] "paclient exited with code 1.
のエラーが発生します。
新規に作成した場合は、エラーは発生せずに実行されます。

     A.

XE7で「Androidへのスプラッシュ画面のサポート」が追加されました。
旧バージョンのプロジェクトを読み込むと、プロジェクトのオプションで「スプラッシュ画像を組み込む」がONになっていますが、ファイル部分は空白のままです。
このため、組み込むイメージが取得できていないためエラーが発生しています。

以下の手順にて、Androidをターゲットに選択した際のスプラッシュスクリーンの設定の修正を行ってください。

  1. IDEのメニューで、[プロジェクト | オプション]を選択します。
  2. アプリケーションを選択して、左側のアートワーク部分の「スプラッシュ画像を組み込む」のチェックを外すか、またはスプラッシュ画像を設定します。

デフォルトのスプラッシュ画像は、製品のインストールディレクトリ\bin\Artwork\Android(64bit OSにデフォルトの設定でインストールした場合は C:\Program Files(x86)\Embarcadero\Studio\15.0\bin\Artwork\Android)フォルダ内にあります。