10.1 Berlin の製品ライセンスを使用しているが "This version of the product does not support command line compiling" のエラーが発生する

Abstract: コマンドラインコンパイラ DCC32.exe を使用した際に発生する “This version of the product does not support command line compiling” エラーに関して

一部のお客様から、10.1 Berlin の製品版の Professional、Enterprise、Architect 版の製品がインストールされている環境で Delphi コンパイラ (dcc32.exe) に関するエラーの報告がありました。
このコンパイラは、IDE の外部でビルドを実行する場合 (たとえば、いくつかのサードパーティのコンポーネントをインストールする場合など)に使用されます。

10.1 で提供された、新しい「機能インストーラ」を使用して IDE をインストールする際、機能インストーラは機能が限定された基本の IDE をインストールします。
この基本の IDE には、トライアル版の Delphi コンパイラが含まれており、このトライアル版の Delphi コンパイラを使用してプログラムをコンパイルすることはできません。(トライアル版のライセンスには、製品版のコマンドラインコンパイラは含まれません)

その後、インストーラが 32-bit Windows プラットフォームをインストールする際に、正規の "dcc32.exe" が製品の "bin" フォルダにコピーされます。
この際、(例えば、アンチウィルスソフトが トライアルの dcc32.exe ファイルにアクセスするなどで)コンパイラが正しく上書きされず、"bin" フォルダにトライアル版のコンパイラが残る場合があります。

この問題が発生した場合、次の場所から dcc32 コンパイラをインストールされた "bin"フォルダ(デフォルトでは 32bitOS C:\Program Files\Embarcadero\Studio\18.0\bin, 64bitOS C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\18.0\bin)へコピーすることで問題が解決されます。

Enterprise版以上の場合
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\18.0\CatalogRepository\Core_Common_Files_Enterprise-18.0.Build.22858.6822\TARGETDIR\bin

Professional版の場合
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\18.0\CatalogRepository\Core_Common_Files_Professional-18.0.Build.22858.6822\TARGETDIR\bin