dbExpress で SQL Native Client 2005 を使用するための設定について

Abstract: C++Builder 2010, Delphi 2010, RAD Studio 2010 の dbExpressで SQL Native Client 2005 を使用するための必要な設定について

In This Article

dbExpress で接続可能な SQL Server のバージョンと注意点

C++Builder 2010, Delphi 2010, RAD Studio 2010 では、dbExpressの SQL Server のサポートバージョンが、2000, 2005, 2008 と3つのバージョンをサポートするようになりました。

これに伴い、接続する場合は、SQL Server Native Clientのモジュールが必要となります。

ここで注意が必要なのは、それぞれのバージョンでインストールされるモジュールのファイル名が異なるという点です。( 詳しくは http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms131291.aspx をご参照下さい )

dbExpress の接続ですが、MSSQL の設定は、SQL Server Native Client 2008 のドライバを使用するよう設定が行われています。そのため、dbExpress から MSSQL の設定で、SQL Server Native Client 2005 を使用し、SQL Server に接続しようとすると、

「Borland.Data.TDBXError: DBXエラー: ドライバを正しく初期化できませんでした。クライアントライブラリがないか、正しくインストールされていないか、バージョンが間違っています。」

のエラーが表示されます。

以下の手順にて、現象を確認できます。

SQL Server Native Client 2005 のみがインストールされている状態で、

  1. データエクスプローラーを開きます。
  2. MSSQL を選択して、マウスの右ボタンをクリックして表示されるポップアップメニューより「新規作成の追加」を選択します。

  1. プロバイダ名は、MSSQL のままで、任意の接続名を入力し、[OK] ボタンをクリックします。(この例では SQL Server 2005 としてあります)

  1. 再度、データエクスプローラーで MSSQL のツリーを展開し、先程作成した SQL Server 2005 の接続を選択して、マウスの右ボタンをクリックします。表示されたポップアップメニューより「接続の変更」を選択します。

  1. 接続先のデータベースの情報を設定します。

  1. 接続先のデータベース情報を設定しましたら、接続確認の為に [テスト接続] のボタンをクリックします。
  2. エラーメッセージが表示されます。

必要な設定について

SQL Server Native Client 2005 用の設定は、MSSQL9 という名前で用意されていますが、デフォルトでは表示されません。

まず、この MSSQL9 をデータエクスプローラーから使用可能にするために、dbxdrivers.ini ファイルの内容を変更します。

  1. 製品(C++Builder 2010, Delphi 2010, RAD Studio 2010)が起動しているのであれば、終了します。
  2. dbxdrivers.ini (デフォルト C:\Users\Public\Documents\RAD Studio\dbExpress\7.0\dbxdrivers.ini (Vista, Windows 7, 2008 Server), C:\Documents and Settings\All Users\Documents\RAD Studio\dbExpress\7.0\dbxdrivers.ini (XP, 2003 Server) ) ファイルを開き、 [Installed Drivers] セクションの MSSQL=1 の記述の後に MSSQL9=1 を追加します。

  1. 製品を起動します。
  2. データエクスプローラーを開き MSSQL9 が追加されていることを確認します。

  1. MSSQL9 ドライバで、MSSQL の際と同様の手順にて接続を作成します。
  2. MSSQL9 を選択して、マウスの右ボタンをクリックして表示されるポップアップメニューより「新規作成の追加」を選択します。

  1. プロバイダ名は、MSSQL9 のままで、任意の接続名を入力し、[OK]ボタンをクリックします。(この例では SQL Server 2005(MSSQL9) としてあります)

  1. 再度、データエクスプローラーで MSSQL9 のツリーを展開し、先程作成した SQL Server 2005(MSSQL9)の接続を選択して、マウスの右ボタンをクリックします。表示されたポップアップメニューより「接続の変更」を選択します。

  1. 接続先のデータベースの情報を設定します。

  1. 接続先のデータベース情報を設定しましたら、接続確認の為に[テスト接続]のボタンをクリックします。
  2. 今度は接続成功のメッセージが表示されます。

その他

C++Builder, Delphi, RAD Studio 2009 以前の dbExpress の MSSQL ドライバでは、設定されているライブラリが oledb.dll の為、上記には該当いたしません。


Published on: 4/11/2010 7:09:54 PM

Server Response from: ETNASC02

Copyright© 1994 - 2013 Embarcadero Technologies, Inc. All rights reserved.