「Setup.exe:パラメータが間違っています 」というメッセージが表示される症状について

概要: メッセージが表示される原因と対処法について説明いたします

blank

対象となるIDE製品

RAD Studio/C++Builder/Delphi 2009以降

対象となるOSプラットホーム

Windows Vista

・Windows 2008

・Windows 7

・Windows 2008 R2

RAD Studio/C++Builder/Delphi 2009以降のIDE製品を起動した後、IDE内の[自動実行]タブのメッセージログのウインドウ内に「Setup.exe:パラメータが間違っています」と表示されることがあります。

Hide image
Click to see full-sized image

図1:RAD Studio/C++Builder/Delphi 2010の場合

blank

Hide image
Click to see full-sized image

2:RAD Studio/C++Builder/Delphi 2009の場合

blank

この症状は、IDE起動時に毎回自動アップデートのチェックが働き、Windows Vistaから導入されたユーザーアカウント制御(UAC: User Account Control)による権限が足りないことに起因して生じます。

ただし、図1または図2のようなメッセージが表示されてもIDE自体の機能には全く支障が無いため、無視していただいて構いません。

このメッセージは、以下の方法でIDEを実行することによって表示されなくなります。

  1. Windowsのスタートメニューから IDEを起動するショートカットを選んで、マウスを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  2. [互換性]タブの”管理者としてこのプログラムを実行する”にチェックする

Hide image
RadStudio2010

3: [互換性]タブ (画面は、Windows 7)

blank

  1. IDEを起動してください。
  2. 図4のようにUAC の昇格確認ダイアログが表示されますので、”はい”のボタンを押してください。

Hide image
UAC

4: UACの昇格確認ダイアログ (画面は、Windows 7)

blank

関連情報としてRAD Studio/C++Builder/Delphi 2007では以下のメッセージが表示されることがあります。

Setup.exe(1): 要求された操作には管理者特権が必要です。 

詳しくは、こちらの記事を参照ください